足場施工の実例(写真付き)

足場とは、落下と材料飛散防止のために外壁などの高い箇所(マンションや高いビルなど)の作業用の仮設です。

地面を平坦化させたら、脚部が滑ったりしないよう固定し、固定された脚部に建地(痰菅パイプ)を組んでいきます。

足場となる床板と、建地を固定したら、実際に作業する際に乗る床板を設置します。

足場が設置朝れると、さらなる自己防止のためにメッシュシートで覆います。

この過程をしっかり行うことで、作業時の作業員や機材の落下を防止し安全に取り組めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA